腸内フローラが40代になって太らない体を作る

40代になってしまうと代謝も落ちたり、筋肉も落ちたり、運動不足になりがちなのでどんどん体重が増えてしまうという事があります。

中には、年齢を感じさせないぐらい太らないと言う方もいてビックリする事ですが、ほとんどの方が太ってしまうという人の方が多いのではないかと思います。

彼女たちは、体質的な事もありますが、腸内フローラが綺麗な人なのかもしれません。腸内フローラが整えっている人は太りづらいという事が分かっています。

では、さっそく腸内フローラについて解説していきたいと思います。

どうやって太るのか?

人間はどうやったら太るのでしょうか?カロリーの取り過ぎや食べ過ぎればそれが脂肪となって太るわけですが、もうちょっと具体的に見ていきましょう!

まず、脂肪細胞というのがあります。この脂肪細胞が普段食べている物の栄養が血液中に流れてそれを脂肪細胞が吸収しています。

栄養を吸収する事は普通の事です。しかし、食べ過ぎてしまえば脂肪細胞はどんどん栄養を吸って肥大化していきます。1つ1つの脂肪細胞が肥大化していく事でどんどん肥満になってしまいます。

でも、痩せ体質の人はこの肥大化を止める事が出来るので食べても太らないという人がいるみたいです。

この違いがいわゆるデブ菌と痩せ菌が多いか少ないかで決まるそうです。このデブ菌と痩せ菌について解説していきたいと思います。

痩せ菌の短鎖脂肪酸が痩せ体質のカギ

痩せ菌であるバクテロイデスには、口から食べた物を分解する際に短鎖脂肪酸という物質を排出します。この短鎖脂肪酸が凄い重要です。

短鎖脂肪酸の働きによって、脂肪細胞が栄養を吸収するのをやめます。この短鎖脂肪酸がなければ脂肪細胞は栄養を取り続けてしまうのでどんどん肥大化してしまうわけです。

それをくいと止める役割をするのが短鎖脂肪酸なのでとても重要な成分なんです。短鎖脂肪酸を作る物質が必要でそれが善玉菌です。

腸内フローラのほとんどが中立的な立場の日和見菌です。その日和見菌を味方につけて善玉菌を上手に働かせる事で40代であっても食べても太りづらい体質に替えられる可能性があります。

だから、痩せ体質をつくるためにも腸内フローラを整える事が大切です。それは、食事からでも十分に作る事が出来ます。

例えば、プレバイオティクスと言って善玉菌の餌になって善玉菌を増やす事が出来ます。オリゴ糖や野菜の食物繊維が餌となり増やす事が出来ます。

プロバイオティクスと言って、腸内を酸性にして悪玉菌を増やすのを防ぐ事が出来ます。健康維持や老化防止の働きもあります。ヨーグルトや納豆、みそ漬物などです。

普段の食事も注意して食べる事で痩せ体質の身体が手に入るかもしれませんよ!今では、腸内フローラを整えるサポートをするサプリメントも販売されています。以下のサイトを参考にしてください!

参考URL:プレミアムスリムビオの効果@痩せ菌を増やしデブ菌を減らすサプリ